バイアグラ(カマグラゴールドと同成分)を購入できる場所

ご存知の通り、カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品です。
カマグラゴールドに比べて10倍ほどの値段になります。
バイアグラを購入できる場所は、ED治療を行っている医療機関です。
泌尿器科のほか、ED治療の専門クリニックで処方を受けることができます。

後者はEDに特化したクリニックのため、より専門的な治療を受けることができます。
バイアグラのほかにも、レビトラ、シアリスを取り扱っております。
検査を受けて、原因や体質によって薬を選んでいきますので、医師の判断にゆだねる部分が大きいですが、患者の希望も考慮されます。
医療機関で処方を受けるメリットは、検査をセットで受けられることでしょう。
EDは薬に依存するのではなく、生活習慣を見直していくことが求められる症状です。
ストレスに原因があるならば、ストレスが溜まる原因を取り除いたり、ストレス耐性を高めていく必要があるのです。

原因を解消していくことで、EDの予防と治療が同時に行えるというわけです。
薬は勃起力を高める働きがありますが、ED自体を治すことはできないことを知っておきましょう。
飲んだからストレスが解消されることはありませんので、一時的に勃起力は回復しますが、薬効が切れれば普段の状態に戻ってしまいます。
バイアグラを購入する方法には、インターネット通販を利用する方法もあります。
バイアグラの偽物を販売する不届きな輩も存在します。

通常のドラッグストアや薬局では販売しておりませんので、薬剤師や登録販売者に相談してもダメなのです。
個人輸入代行という方法でしか入手できないわけです。
インターネットで「個人輸入代行」と入力すれば、該当するサイトが出てくるので検索してみてください。
海外の薬を格安で取り寄せることができ、医師の処方箋などは必要はありません。
すべて自己判断で購入できますので、クリニックで検査を受けなくてもいいのです。

ただ、初めてED治療薬を服用する方ならば、まずはクリニックで検査を受けることをおすすめします。
相性、副作用、持病との兼ね合い、他の薬との飲み合わせ、などの問題がありますから、まずは医師に相談してみることです。
個人輸入代行は非常に便利なシステムですが、すべて自己責任になりますので、万が一重大な副作用が生じても、誰も恨むことができません。
現在において、すでにバイアグラを処方されている方ならば、そのままサイト経由で購入しても問題ないでしょう。
ただ、怪しいサイトもありますので、こうしたサイトは避けるようにしてください。
他社と比べて極端に価格が安い場合は危険ですので、購入は避けたほうがいいでしょう。
海外のバイアグラは、日本のそれよりも大容量のタイプがあることに注意してください。
100mgというタイプは国内にはありませんので、そのまま飲むと強すぎる場合があります。
海外向けの100mgは外国人を対象にしたものですので、日本人がそのまま飲むのは避けたほうがいいでしょう。
日本のタイプは25mgと50mgなので、2つ、または4つに砕いて飲むといいでしょう。
薬剤を分割する器具(ピルカッター)を使用すれば、キレイに割ることができます。